1693.jpgヒサゴチビゴミムシIga formicina。四国にて。

四国の亜高山帯以上の山岳地帯に固有。メクラチビゴミムシの親戚筋だが、眼はある。翅は退化して飛べない。沢沿いの湿った地中浅くにいて、日没後は積極的に地表を徘徊する。磨いたようにスベスベで、余計なものを削ぎ落としたようなフォルムは、カッコ良く可愛い。チビゴミ界きっての萌え担当。

かつては国の絶滅危惧種にリストアップされていたはずだが、後に四国の山に決して稀でない事がわかり、今は外されている。全ての希少昆虫達が、そうなって欲しい。いや、そうなるべく我々が動かねばならない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1634-d9ce1ef2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する