リリエール

2014.jpgハマダラカAnopheles sp.。カメルーンにて。

睡魔族が一人。魅了スキル、マラリアの使い手としてあまりにも有名。マラリアはアフリカの伝染病の中でも最もありふれたもので、なおかつ最も恐るべきもの。マラリアは世界各地に存在するが、アフリカでは特に死亡率の高い劇症型の熱帯熱マラリアが優勢である。魅了(チャーム)にかかってしまうと、初期のうちに適切な治療が成されねば高確率で死ぬ。
悪いことに、近年マラリアは薬剤耐性を持っていることが多く、かかると治療がしばしば困難になる。また、それを媒介する蚊自体も殺虫剤に耐性を持ってきているようだ。

2017.jpgハマダラカは夜行性で、昼間は葉陰に隠れている。日没後も当面は上のようにじっとして動かない。しかし、夜9時を回る頃から急激に凶暴化し、人間を猛烈に攻撃し出す。

2037.jpg宿舎裏手を流れる大河。こういう開放的な水界は、典型的なハマダラカの発生温床。夜9時以後は、筆舌に尽くしがたい数の蚊が川縁に乱舞する。あまりにも危険すぎて、行けない。

この他、今回はあまり見なかったが皮膚を腐らせるリーシュマニア症の使い手サシチョウバエ、錯乱の後に昏睡して死ぬ恐怖の眠り病を媒介するツェツェバエ、各種熱病を標準装備するマダニなど、様々な睡魔族がジャングルに潜んでいた。
アフリカの吸血生物は、ほぼ例外なく全てが何らかの病気を人間にうつす。そしてその病気の多くが、揃いも揃って人間にやっかいなものばかり。古くから人間が住んでいた大陸ゆえ、人間を食い物にするよう特化した病原菌や寄生虫の種数も段違いに多いのである。
アフリカの調査では、こうしたものたちとの戦いにより体力も精神も消耗していく。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1766-409efbc5

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する