今年のアルバムから。
2020.jpgミヤモトマルグンバイAcalypta miyamotoi。静岡にて。

湿った森の岩肌に繁茂したコケの中でだけ見つかる珍虫。体長2mmを超えない微少種だが、まるで精巧に作られた工芸品のような美しい生物。国内には数種いるが、まだ正体の定まらない種がいくつかいるようだ。

ある山の峠付近で、同じ環境に住む某精霊をデレさせた際の副産物として見つけた。前々から「恐ろしく小さくて発見至難」という噂を聞いてたので覚悟はしていたが、少なくとも俺の目には騒ぐほど小さく見えなかった。アリの顎の内側に取り付くダニやら、アリの頭上を高速旋回するノミバエやらに比べれば、こんなのはアフリカゾウ並の超巨大生物だ。仕事柄、1-2mmというサイズがさほど微少に思えなくなってきている。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1768-671e4b94

日々是眼福眼福 (・0・。)
けそみん|2015.11.24/15:37
恐縮です(^^)
-|2015.11.25/07:38

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する