2078.jpgアホみたいな形のヒョウタンカスミカメ。シンガポールにて。

この仲間は大抵アリに似せた姿の種が多いが、これは胸部が首のように長くなっており、遠目にはアリよりもジョウカイボンやカミキリモドキのような外見をしていた。味の悪い甲虫のふりをして、食われないようにしているのか。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1813-3b5e9d28

このアホみたいな形がたまらなくいいですね。
腹部(翅?)のでこぼこかげんといい、頭部のチョボチョボの毛
といい、触覚のぽしゃりかたといい、首長な形の胸部、味わいの
ある配色、大きくゆがんだ複眼。
背景から察するに5mmぐらいの大きさでしょうか。触るとやはり
臭い匂いを発するのでしょうかね
けそみん|2015.12.28/14:53
そうです、だいたい5mmくらいの小さい種です。注意しないと見逃すようなサイズですが、よく見てみるものですね。
カメムシなので臭いはあるはずですが、小さすぎるため人間にはほとんど感じ取れないようです。
-|2015.12.29/19:40

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する