ヤシガニ屠らず

2186.jpgヤシガニBirgus latro。宮古島にて。

森の中で、たまたま高密度でいる場所を見つけた。丘ヤドカリの一番でかいサイズよりは遥かに巨大だが、これでもまだ全然若いほう。

2187.jpg
強靭な体格。こいつのハサミで挟まれたら、人間の指一本など簡単に持って行かれてしまう。まさに地上最強の無脊椎動物。しかし、その最強の無脊椎動物も、今や人間に脅かされて滅びの路を歩み始めている。

日本のヤシガニは、世界的に見たヤシガニ分布域の北限にあたる貴重な個体群である。しかし、彼らは生息環境の悪化に加えて食用目的の激しい乱獲に遭い、南西諸島全体で著しく個体数を減じている。環境省の絶滅危惧種に指定されているほか、幾つかの島で独自の保護条例がしかれているほど。
しかし、一方で今なお食材としての流通自体は続いている。ヤシガニは、成熟までに凄まじく年月を要する上、寿命も長い(推定50年前後)。だから、一度減るとなかなか増えない。

前に那覇の公設市場に行った時、この世のものとは思えない化け物クラスの巨大ヤシガニが、生きたまま売られているのを見た。ちょっとした小型犬くらいのサイズで、恐らくヤシガニという生物がとりうる最大級の大きさ。脚には法外な金額の書かれた値札を括り付けられていた。
しかし俺は奴を見た時、値段より何より、あれだけのサイズまで育つのに一体どれだけ途方もない年月がかかったのだろうという思いでいっぱいだった。40-50年くらいでは絶対きかない程の時間をかけて育っただろうあいつも、人間に茹で殺されるのは一瞬なんだから、こんな理不尽な話はない。
絶滅するしないは別にして、人一人の人生折り返しくらいの時間を生きてきた、この雄大なる生き物に対してあまりにも不敬すぎる。寿命の極端に長い生き物を食材にしてしまうことに、物凄く罪悪感を覚える。寿命40-50年てすごいぞ。百獣の王ライオンですら、せいぜい20年くらいというのに。

俺はこの生き物を、人の食い物と思えない。俺の中でヤシガニを食う行為は、ウナギマグロを食うより遥かに罪深い。沖縄で食うものなんて、他にいくらでもある。俺は死んでもヤシガニだけは絶対食わないと、心に誓っている。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1831-b1c015a6

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する