2140.jpgイラズメクラチビゴミムシIshikawatrechus cerberus

四国の限られた石灰岩地帯の地下に生息。この手の仲間としては珍しく、石下だけでなく洞窟の壁面を歩いているさまが見つかる。本種を含むツヤメクラチビゴミムシ属は四国固有で、種数が多い。
どういうわけか、 Ishikawatrechusはツヤメクラチビゴミムシ属で、イシカワメクラチビゴミムシ属はRyugadous。非常に混同しやすい。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1839-8c04b8e9

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する