IMG_0702.jpg
ニホンジカCervus nippon。日中、放棄された畑に出てきた。動物除けの網柵も意味がない。100m以上離れた茂みから隠れて盗撮したが、向こうはしっかりこちらの存在に気付いている。長野にて。

知り合いの猟師曰く、現在長野では県民が一人一頭ずつ撃ち殺しても間に合わないくらいの数のシカがいるらしい。長野に限った話ではないが、ここ数年というもの中山間地でのシカの食害が本当にひどい。筆舌に尽くしがたい状況になってきた。ちょっと森に入れば、シカの糞が落ちていない区画がない、そして森床の草花が何もないという場所もざらである。農作物への被害もすさまじいようだ。
俺の住む市内では、次善の策として去年から山全体を柵で取り囲む方策を打ち出した。猟師人口も減りつつある中、即効性のある対策が見出せない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/185-a2dc6991

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する