2173.jpgキバナガウロコアリStrumigenys stenorhina。与那国にて。

八重山諸島にのみ分布し、林縁の石下に珍しくない。日本産ウロッキーの中では名の通りキバ(というより顔自体)が長くてカッチョイイ。しかし、それでも南米のアゴナガウロコアリ(タスキバアリ)Acanthognathusには、遠く及ばない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1856-e2462178

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する