2170.jpgウリミバエBactrocera cucurbitae。与那国にて。

悪名高い農業害虫で、かつて沖縄で猛威をふるった。不妊虫の放虫により根絶されたが、再び侵入された時に備えて島内の随所で放虫が継続して行われている。
最近、奄美のほうでこれに近いミカンコミバエが侵入し、現地では非常に問題視されている。しかし、その深刻さとは裏腹に、なぜか不思議なほど全国版ニュースで取りざたされない。
内地の人間にとって、遠い島で起きている事などどうでもいい事らしい。

2171.jpg害虫なのはさしおいて、しかし本当に美しい虫ではある。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1858-a5d51e36

新聞で知りましたよ
たとえばこれ http://www.asahi.com/articles/ASHC4443MHC4TLTB00B.html
hoso|2016.03.02/11:55
昨年度の秋、奄美へ行った際に島内の集落を中心に防除対策が始まっていて、その時このハエの侵入を知りました。
まもなく、地元九州・沖縄地方版のテレビで一時のみ報道されましたが、その後続報がまったく伝え聞こえてこず、現在の状況があまりよく分かりません。上手く根絶対策が進んでいればいいのですが・・
-|2016.03.02/12:56

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する