オッドマックス 湿りのデスロード

2221.jpgフレンチギアナの宿舎の壁に張ってあった、周辺地域の見所の説明書き。なんと、洞窟があるという。

洞窟には多くのコウモリがいるほか、大型のウデムシ、さらに暗黒の洞窟生活に特化したストレンジでオッドなスペシメン野郎共がいるらしい。考えたら、海外で本格的な洞窟に入ったことがないため、これはぜひ行かねばならないということになった。

洞窟は、ジャングルの深いヤブをこぎながら30分以上歩いた先にある。常に雨で湿っているヤブをこぎながら進まねばならず、行けば絶対に全身ビシャビシャのずぶぬれになる。雨ばかりの場所なので、一度濡らした服は乾かない。少しでも荷物を軽くすべく、着替えを2着くらいしか持ってきてない身としては、濡れることが分かっているこの洞窟への行程は死道以外の何物でもない。
しかし、この洞窟の魔性、そしてオッドなスペシメン野郎共に取り憑かれてしまった俺は、一度ならず二度もこの死道を通って洞窟に足を運ぶこととなる。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1894-968eb11f

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する