異世界ハルケギニア

2310.jpgカギムシ。フレンチギアナにて。

世界各地の熱帯に局所的に生息する、よくわからない生物。どこの産地でも非常に稀で、野外から見つけ出すのは破滅的に至難。南米は比較的打率の高い地域というが、それでも今まで発見できたためしがなかった。今回、人生初めてこれを見つけ出すことに成功した。

2311.jpg
全身ビロード状の質感で柔らかい。ナメクジにも見えるが、ちゃんとツメを伴う脚がある。有爪動物という、現世で他に似たものの見当たらない特殊な分類群に属する。相当古い年代に地球上に現れた分類群で、かつては種数も多かったらしいことが化石により判明している。節足動物と環形動物の中間に位置する生物と長らく言われていたが、今では両者の類縁性は否定されているらしい。結局、今はどういう位置づけに落ち着いているのだろうか。

顔の下から粘液を発射し、他の小動物を捕らえて食う。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1924-97b3eb92

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する