2250.jpgマシラグモ一種Leptoneta sp.。

九州の洞窟で見た。この仲間は、光の加減により脚から燐光を返すため、とても美しい。岩の隙間にきめ細かなシート状の網を張り、その裏側に張り付いて獲物を待つ。

2251.jpg別の洞窟で見た、おそらく別種。九州では相当種数の存在が示唆されているものの、分類がまったく進まないようで、正式に記載されたのはイリエマシラグモL. irieiやツシママシラグモL. tsushimensisなど、限られたものだけ。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1929-7d3b0b46

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する