2267.jpg先日、偉い人の招きにより一時的に古巣へと戻った。電車を乗り継ぎ、岳都に着いたのは夕方。毎度の事ながら、駅を出た途端に迎えてくれたのは大量のムクドリの声だった。

岳都の駅前の街路樹には、毎日夕方になるとおびただしい数のムクドリが集結する。騒音とフン害をもたらすこれらを追い出すため、駅周辺では定期的にムクドリの悲鳴を大音量にてスピーカーで流している。あまり効果があるようには見えないが・・。

長野県内では果樹園の多いエリアを中心に、頻繁にムクドリの悲鳴をスピーカーで流す光景を見る。いつも思うのだが、あの悲鳴はいったいどういう経緯で捕まえたムクドリに、どんな責めを与えて吐かせてるのだろうか。よほどの事をしないと、あんな声は出ないように思う。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1936-b3e8a76f

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する