2215.jpgメダマハネアリGigantiops destructor。フレンチギアナにて。

南米特有のカマキリ面アリ。俊敏な動きでピョンピョン跳ねて移動し、小さな虫を捕らえて噛み殺す。視力が異常に発達しており、人間の接近には敏感に反応する。見通しの良い葉上に止まっているとき、3mくらい離れたところから手を振ってやってもこちらに向き直るほど。
南米のアリの中では、一番好きな奴。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1937-3135fca9

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する