kbnkbngmzgwgmms

2383.jpg精霊。

環境省の絶滅危惧種。とてつもなく特殊な環境で、とてつもなく特殊なものを利用して生活する。

去年からさんざ探しまくってて、ようやく先ごろ出会えた。これに会える日は厳密に決まっており、それは神が定めた絶対的なものである。それ以外の日にいる場所に行っても、一つもこれを見ることが叶わない。こちらの都合など関係ないため、こちらが向こうの都合に合わせねばならない。別にこれに限らず、野生のものは全部そうかも知れぬが。

これに会うため、去年は房総、伊勢、遠州、九州南部に出向いて探しまくったが、ことごとくヌル。特に伊勢では、これと同様な環境にいて、1mmしかない動く砂粒をどうしても見たくて二度も出向いたのだが、箸にも棒にもかからなかった。本当にあれは実在するのか?

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2041-d70e7462

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する