美雲さん専用ドローン

2380.jpgトビイロツノゼミMachaerotypus sibiricus。静岡にて。

ド普通種だが、味わい深い形の種ではある。また、ド普通種とは言っても幼虫を除き、狙って発見できない。



ついに帰国。疲労困憊の体に鞭打って、これから山積した事後処理に奔走する日々が当面続く。アフリカでのあのダブル人災さえ降りかからねば、まだ今の10分の一くらいの量で済んだのだが。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2042-387fe20c

まずは無事のご帰還うれしくおもいます。お疲れさまでございました。
事後処理もお忙しいかとぞんじますが、どうかご自愛ください。
noblita|2016.06.14/08:32
ヴァルハラへ運ばれなくてよー御座いました(´▽`)
虫じゃなくて人災!!呪術師によって精霊に憑依されたとか?Double Troubleだったのか?
矢折れ弾尽き果てるともの生還、おめでとう御座います!逸話など御披露くださるのを愉しみに、
ご自愛くださいます様に・・
瓜豆|2016.06.14/15:48
noblita様

ありがとうございます。何とか五体満足で戻ってまいりました。自分の体と相談しつつ、作業を片づけて参ります。
-|2016.06.14/16:00
瓜豆様

かの地は、本当にどんなことでも起こり得るのだと思って、戦々恐々でした。しかし、それを補って余りある素晴らしい出会いもありました。乞うご期待。
-|2016.06.14/16:02
応援
何もできないのですが、気持ちの応援で、島田さんがご紹介されていた「アリのくらしに大接近」「アリの巣のお客さん」「ツノゼミ」を購入しました。(「アリと暮らす虫」はすでに置いてあった)現在担当している3年生にも当然のように生き物好きはいるのですが、今年は網目アリがなんちゃら、トゲアリはどーたら、大きさだけで種の判別はできない、など、マニアックな会話が飛び交っているのです。そんな彼らには、さらに、視点を持つことの楽しさ、こういう仕事をしている方がいらっしゃることへのあこがれをプレゼントできたらと思います。皆さんのお仕事を理解できる人が増えて行ったらいいなと思っています。
ささやかですけど、研究の進展を私の場所からこういう形で応援させていただきます。
横山裕子|2016.06.16/06:10
横山裕子様

嬉しいお知らせ、誠に感謝致します。我々の仕事の成果が、そのような形で様々な人の役に立っているのは、研究者冥利に尽きる思いです。これからの地球環境を見守っていく世代の若人を、一人でも「こちら側」に引き込めるよう、邁進して参ります。
-|2016.06.16/18:19

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する