5月5日の

2572.jpg
2571.jpgサバナの木の上に引っかかっている、不自然な丸太。最初これが何なのかよく分からなかったが、近くまで寄って養蜂ミツバチの巣箱であることを知った。丸太をくりぬいて、内部に住まわせている。いわゆるアフリカミツバチApis mellifera scutellataのようだ。攻撃性が未知数のため、ちょっかいは出さないでおいた。

最初これを見たとき、大木の枝の又部分に丸太を渡してあったため、これは原住民が思い出作りのために幼木の又に丸太を乗せ、それが大きく育った様を数十年後に見て当時を懐かしむ風習なのかと思った。
「ほら、あの時手の届く所に置いた丸太が、今はあんな高い所に上がったぞ」みたいな。考えたら、木の枝の又に丸太を乗せたところで上に上がりはしないか。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2177-1620f599

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する