かんぽの+

2569.jpgサバナのオオアリCamponotus sp.。ケニアにて。

猫背。オオアリの属名はラテン語で「弧を描く背」を意味する、と記憶している、

このアリは、今回の調査地のうちあるエリアに限って出現した。そしてそこで夜間灯火をたいた時、非常に特異なヒゲブトオサムシが飛来したが、それもその場所でしか得られなかった。まさか。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2178-c7ca14ae

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する