2568.jpgヒヨケムシ。ケニアにて。

ヒヨケムシ目はクモの親戚筋で、主にアフリカや中東の砂漠地帯に分布する。夜行性で、日中は砂の中に巧みに隠れており、日没と共に砂の上を素晴らしいスピードで疾走する。顔に付いた一対の強靱なハサミで、出会った小動物を瞬時に生きたままズタズタに切り刻み、食らいつくす。
この仲間はペットとして人気があり、日本では盛んに売買されている。脚が8本で外見はクモだが、腹部はぶにょぶにょしている上に毛深く、毛虫そのもの。言わば、毛虫とクモの合体生物。好きな人にも嫌いな人にもたまらない仕様となっている。

今までナマで生きたものを見た事がなかった、最後のクモガタ。これをもって、世界に現存する全クモガタ目を征服した。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2179-223c9975

クモガタ目というものがどんな種を含んでいるのか、明確には調べられませんでしたが、全制覇、おめでとうございます。
たまらない姿の全貌をいつか、どこかで見せていただけるのを楽しみにしています。
けそみん|2016.08.29/19:51
いずれ^^
-|2016.08.29/22:27

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する