2557.jpgカマキリモドキ。ケニアにて。

サバナでは夜間、灯火におびただしい数のカマキリモドキが飛来した。今まで世界中で灯火採集をやってきた(本当は自分でやったのではなく他人のこじきだが)が、ここ以上にコレが多い場所はなかった。ただし、飛来するのは1cmちょっとしかないヒメカゲロウ並のしょぼい種ばかり。
次々に飛来しては、手近にいる蚊やら蛾やらをバシバシ捕って勝手に食っている。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2180-2f535a61

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する