鳶色折紙

2631.jpg大陸トビイロケアリLasius niger。ギムレーにて。

外見は日本のトビイロケアリL. japonicusと何も変わらず、事実長年同種とみなされていた。真のL. nigerは、日本に存在しない。森のやや湿った朽ち木には、たいてい営巣している。巣をぶっ壊されたので、小さな身体で最大限の怒りを主張する。

この国では、シロアリに食われた朽ち木を見かけない。森の中で穴だらけに食われたような朽ち木は、大抵ケアリが巣くっている。

※L. platythoraxという酷似種がおり、上の個体はnigerではないかもしれません。現在確認中です。ご教示下さった方、ありがとうございます。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2207-f8de5735

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する