2633.jpgカドフシアリMyrmecina sp.。ギムレーにて。

アジアの温暖地域にしかいないつもりでいたが、ヨーロッパにもいるのか。土壌性で、開けた場所を基本的に出歩かない陰気なアリ。ササラダニを専門に餌にするらしい。

インドネシア・ジャワ島には、わざわざ家畜として巣内で特殊なササラダニを飼育する種も存在し、発見時にはアリ研究者の間でのみ大いに話題になった。しかし、この種は現在、ジャワ島の著しい人口増加にともなう苛烈な環境破壊により、すでに絶滅している可能性が高い。数年前、その種の世界で唯一確実な産地たる植物園に行って探したが、既にこの当時時点で三日くらいかけて園内の数百個の石を裏返して、たった1コロニーしか見つからなかったのだ。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2209-f27213c7

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する