夏のアルバムから。
2659.jpgルリボシカミキリRosalia batesi。長野にて。

これを見るだけで、つくづく日ノ本に生まれてよかったと思う虫マニアは、俺だけではないはずだ。

近年、松本市街近郊において毎年安定した土場はないため、この手のカミキリを探すのはかなり面倒である。かつて有名だったらしい扉温泉など、俺がツバを付け始めた2003年辺りの段階で既に土場の痕跡すらなかった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2221-ff996799

ルリボシカミキリの天の青は正に生命の色なのですね、
ヒマラヤの青いケシ、モルフォチョウ、自然の中でちらちらする青色はなんて魅惑なことか!
カミキリ虫は虫どもの中で一番立派な風貌だと想います、長い角がいやまさります。
瓜豆|2016.10.12/00:44
自然界では、青いものと緑のものが一番美しいと思ってます。この虫の青も一見派手ながら、自然界で見るとまったく違和感なく景色に馴染みます。
-|2016.10.12/07:56

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する