2707.jpgタケツノアブラムシPseudoregma bambucicola。宮崎にて。

タケに付く。基本的にかなり稀で、日本では西南部にしかいない。ネット上の画像検索で(しばしばゴイシシジミと共に)出てくるタケツノアブラムシと称する写真は、9割方ササに付くササコナフキツノアブラムシCeratovacuna japonicaの間違い。ササコナは葉裏に付くが、タケツノはあの固いタケの幹表面に群生して付くという噂を前々から聞いていた。まさか本当にそうだとは思わなかった。

現地でさて撮影しようと思ったら、あろうことかミクロ物撮影に絶対必須のMPE65を家に忘れるという致死的ミスを犯した事に気づく。何とか出来合いの設備で撮影したが、やはりあのレンズを使わないといまいち。また撮影し直しに行く。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2260-12e64b0a

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する