2767.jpgセイヨウフタオビアリヅカコオロギMyrmecophilus acervorum。ギムレーにて。

擦り切れて汚損した幼虫。ヨーロッパでは一番普通に見られるアリコロで、主にヤマアリ亜科の巣から出る。あまり厳密に寄主を選ばない。また、普通と言っても日本のアリコロほど数は採れない。ここは地球上で、アリコロという分類群がギリギリ住める北限に近いエリアだ。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2284-72aefe20

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する