2734.jpgアリタケCordyceps japonensis?に冒されたムネアカオオアリCamponotus obscuripesの新女王。京都にて。

これから子実体が伸びて行くであろう状態。しばしば結婚飛行後の創設新女王は、営巣先でこれにやられて事切れる。新女王が外を出歩き、外気にさらされる時間なんてごくごく短いだろうに、いつ菌の胞子に取り付かれるのだろうか。まだ親巣にいる段階で、外勤のワーカーが外からくっつけてきた胞子に感染するのだろうか。

アリタケとマルミノアリタケC. formicarumの分類が今どう決着しているのかを知りたい。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2291-7230dc0c

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する