2756.jpgヒエツノアブラムシPseudoregma panicola。長崎にて。

2759.jpg主に秋口、林縁のチヂミザサの茎に白い粉を吹いて取りついている。夏は別の植物上で虫コブを形成するとかしないとか。ここでは少なかったが、しばしば群生し、チヂミザサを白くするので遠目にも目立つ。

2758.jpgこのアブラムシは、外敵との戦闘に特殊化した兵隊カーストを持つ。ササコナフキツノアブラムシなどに見られるものと同様、兵隊は脚がガッチリしており、頭には鋭いツノを生やす。だいたい、チヂミザサの穂の上部ほど生殖虫が多く、下ほど兵隊が多くなる傾向がある。

長野の裏山にはきわめて高密度でこれが生息しており、毎年秋にはそれなりにこの生物を観察していた。しかし、今までの所このアブラムシの兵隊が何かと戦っているところを、一度たりとも見たことがない。そもそも、このアブラムシのたかっているチヂミザサに、他の生物が乗り込んできている様を見た覚えがほとんどなく、かろうじて1回ほどヒラタアブのしょぼい奴が産卵しに来たのを確認したのみ。
ワラくずの先で兵隊をつついても、ササコナの兵隊ほど目に見えるアクションを見せない。これが本当にコロニーの防衛の役を担っているのか、もしそうならば何から守ろうとしているのか、全く不明。知りたくば、アブラムシに直接聞くしかない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2304-d678a331

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する