2813.jpgコハクチョウCygnus columbianus。長野にて。

2814.jpg論文に使用する某虫の写真を探そうと、ハードディスクを漁っていたときに出てきた3年前の写真。かの地を追い出される直前、ある場所に寄った際に傍の白鳥越冬地を様子見したのだった。ここでは地元の団体が白鳥やらカモやらを毎年餌付けしており、沢山の個体がやってきているのだった。すぐ傍の掘っ立て小屋では餌の販売もしており、観光客らが湯水のように餌をくれていた。

2812.jpg鳥どもは人を恐れず、近くに寄っても平気でうたた寝している。この池は幼稚園のグラウンド程度の面積の、かなり小さなものである。通常、自然状態で越冬ガンカモ類がどのくらいの密度で湖沼に生息しているのかはよく知らないが・・・

2815.jpgここに写っている以外にも、まだこれの倍以上の白鳥がひしめいている。この数、いくら何でも多すぎやしないか。この場所の収容許容量を明らかに超えた数の鳥を、餌で釣って無理矢理集めている感が否めない。
こういう、野鳥が過密に集結した状況を長期にわたり維持する行為は、今流行の鳥インフルエンザの温床にもなりかねない。さらに、過密状態で鳥が大量に出す排泄物、そしてばら撒かれた餌の食い残しは、水を汚す。季節が変わって気温が上がれば、これらが腐って水質を汚染するであろう。ここには水鳥だけでなく、絶滅危惧種含めいろんな水生生物が生息しているのだが。

この件に関しては思うところが山とあるのだが、こんな所で下手に言及すると金輪際二度と信州の土を踏めない身体にされかねないので黙っている。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2338-fb73018f

初めまして。
恐らく私の現住地のとなり町と思われますが、この件、特に水質のくだりは以前から苦々しく思っておりました。ですが… 口に出したことはありません。
今回初めて私と同じことを感じている方がいると知りました。
シャウラ|2017.02.07/17:38
こちらこそ初めまして。
あの界隈には、鳥の餌付けなどしなくても他に余所へ誇れる素晴らしい景色や自然がせっかくあるのに、といつも思っていました。
-|2017.02.07/23:30

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する