2884.jpgオオヤドリカニムシMegachernes ryugadensis。九州にて。

コウモリが多数住む洞窟内で、クソの山に埋もれた木っ端の裏に大量に取り付いていた。地中に住む小型哺乳類の体に便乗することで知られる。コウモリにも間違いなく付くはずだが、実例を聞かない。
日本土壌動物検索図鑑によれば、オオヤドリカニムシは北海道から本州までの分布となっているが、九州と四国にも明らかにいる。だいたい種小名は四国の龍河洞にちなんでいるのではなかろうか。九州四国のは別種にでもなったのか。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2387-23ccd4e6

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する