2896.jpgコバネガ一種幼虫Micropterigidae sp.。聖なる山にて。

現存する鱗翅目昆虫の中で、一番原始的な形態を残しているガの仲間。薄暗い山道の際から水が染み出ているような場所に限って生息し、幼虫はそこに生えるコケを食う。自分の生息エリアから遠く離れることが出来ないため、地域により種が分かれる傾向にある。
とても小さなガだが、まったく偶然ながらモスラに極めてよく似た形態・生態的特徴を持つので、虫マニアの間ではそれなりに有名。

幼虫は冬から春にかけて成長するというので探しに行ったら、どれも葉の表面からは撤収して裏側で前蛹になっていた。葉の表にいる姿を見たかったのだが、3月末では遅かったらしい。

※サンダンキョウヒロコバネNeomicropteryx bifurca だそうです。KUWAKIRA様、ご教示誠にありがとうございます。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2400-a03b7628

サンダンキョウヒロコバネで良いと思います。九州で本属はこの種しかいないのではないかと思います。
KUWAKIRA|2017.04.18/21:57
ありがとうございます!勉強になります。
-|2017.04.20/06:51

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する