2898.jpgホソミイトトンボAciagrion migratum。熊本にて。

イトトンボの仲間はみな細身とはいえ、こいつは特に細く見える。九州以北では数少ない成虫越冬のトンボで、どちらかというと温暖な地域ほど多いもののように思う。
同じく成虫越冬のオツネンやホソミオツネンに比べて、一箇所にあまり固まって生息していないような気がする。そのため、見かけるのはいつも一匹のみ。何かの拍子に偶然飛び出してきたものばかり。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2401-519b12c1

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する