2958.jpg根性で粘った結果、念願の精霊の産卵の瞬間に立ち会うことが出来た。出来たのだが・・

想像していたやり方と、だいぶ違っていた。てっきりこういう手合いみたいに、あの長い産卵管を外界から幹内に差し込んでどうにかするものだとばかり思っていた。ところが、実際はそうじゃなかった。精霊自身が幹の中に入り込んでしまうのだ。
まず、標的が幹に掘り進んだ穴へ頭から潜り込む。そして幹内で反転して体の向きを変え、再び穴の口から顔を出す。この体勢で下半身を幹内にうずめたまま、恐らく産卵管を巧みに操って深部に潜む標的に攻撃しているのだ。目視で見れねーじゃねえか。

2959.jpgあの細くて長い産卵管で、一体どうやって腹部からひねり出した自身の卵(そもそもコレの卵がいったいどんな形と大きさなのかすら知らんが)を遠方の獲物のもとへと運搬するのか、どうしても自分の目で見て確認したかったのだが、こんな産卵方法をとられたんでは、どうあがいたって観察不可能だ。うまい観察方法を考えないとな・・

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2448-9622c9a6

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する