四糸乃

2967.jpgヨシノメバエLipara sp.。茨城にて。

丸っこくてボリューミーなハエで、湿地帯に限って見る。いくつか種がいるが、外見では区別できない。幼虫はヨシの茎内に食い込み、虫コブ化して育つ。
成虫は求愛時、翅を使って微細な震動を起こして交信する。その震動パタンは種特異的で、互いに交雑を避けているという。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2454-5dad6db7

天鵞絨で被われている様な、マットな仕上げなのか、
ころ柿みたいな頭じゃありません?
素晴しく大きな赤い複眼のスフィンクス・・
亦、風変わりな虫を教えていただきましたm(_ _ )m
瓜豆|2017.05.30/15:18
遠目に見ても、何か異質な雰囲気の奴なので、よく目立ちます。寸詰まりで結構可愛いですよね。
-|2017.06.01/07:39

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する