かたこり

2965.jpg
カタクリErythronium japonicum。茨城にて。

花がとっくに終わり、タネが出来はじめている。カタクリが咲く場所にはシーズン中ものすごい数の人間が見に来るが、花が終わればたちどころに人は来なくなる。カタクリなどという物体が存在していたことすら忘れる。しかし、俺としては花が終わった後のほうが、観察対象としては面白い。
カタクリのタネには、大きなエライオソームが取り付いており、アリが来る。アリはエライオソーム欲しさにタネを巣に持ち込むが、やがて外へ捨ててしまう。捨てられる形で、タネは親株から遠く離れた所まで移動分散出来る。

有名な話なのだが、恥ずかしいことに一度もこれのタネがアリに運ばれているさまを見たことがない。高山植物の女王のアリ散布を観察した身でこれは恥ずべきことであるため、見てやる。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2455-7381f0dd

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する