2981.jpgヒメホソクビゴミムシBrachinus incomptus。茨城にて。

ガス銃を隠し持つ。平地の水田脇に生息する、典型的な里山昆虫。河川敷のもっと砂っぽいところに多いコホソクビゴミムシに一見似ているが、全体的に横幅がより広い。そして前翅に青みの光沢がない。拡大して撮影すると、むしろオオホソクビゴミムシと区別しがたい雰囲気。
割と少ないらしい。ネット上にも画像が多くない。俺も生まれて初めて見た。

現在、根城にしている谷戸には、これをはじめおびただしい数と種の湿地性ゴミムシがいる。だのに、なぜ粉もんとシャイニングイエローサイドがいないんだ。せめて前者くらいはいるはずだぞ。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2466-e0bd733c

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する