3012.jpgハイラックス。ケニアにて。

車で移動中、立ち寄った休憩場にたまたまいた。木に登り、葉を食べていた。モルモットくらいの大きさで、見ていて愛らしい。見終わった後、同行者らと「いやー、まさにゾウだったな」「ほんと、あの体つきは実にゾウであった」などと、心にも思っていないことを言い合った。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2498-7d482e90

「原始的な有蹄動物」上顎の臼歯はウマ目(奇蹄目)のサイ、下顎の臼歯はウシ目(偶蹄目)のカバ、全身の骨格はサイ、前足の骨はゾウに類似、胃の構造はウマに似ている・・(@_@;)
支離滅裂?其れともじねんの理ですか?
スマイル顔、短足が愛らしいですねぇ。


瓜豆|2017.10.12/16:42
これをゾウに近いとか、クモバエをハエに近いとか最初に気付いた人は天才ですね。
-|2017.10.13/09:58

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する