FC2ブログ

3011.jpgカオスなケニアの道路。

ケニアの主要な幹線道路は、おびただしい数の大形ダンプが往来する。こうしたダンプはしばしば隊列を組んで車間距離をとらず走っており、後続車は追い越しがたい。しかも、上り坂にさしかかると速度が落ちるため、後ろではすぐさま自然渋滞が発生する。
こうなると、必ず後続車の中から待ちきれないせっかちな奴が現れ、無理くりダンプの群れを追い越して先に行こうと、車線左の路肩を爆走し始める。路肩と言っても、舗装も何もしていないただの斜めの土手である。一台が始めると、それに触発されて一台また一台と後に続き始める。ただでさえ乾期でカラカラな未舗装地面を、何台もの車がフルスピードで走り抜いていく。おかげで、猛烈な砂ぼこりと土けむりが立ちこめ、わずか数m先も見えないカオスな状況を呈するのだ。
この砂ぼこりはすさまじく、車を閉めきっていてさえ容赦なくどこかからバンバン入ってくる。ノドをやられてえらいことに。そうして先を急いで行った奴らに限って、行った先で大事故を起こすため、余計に後続は渋滞がひどくなっていく。ケニアは全体的に車の運転が荒く、長距離移動すれば一日に3件か4件は必ず事故現場に遭遇した。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2500-dc92ebea

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する