3075.jpgウスグモスズUsugumona genji幼虫。茨城にて。

外来種と言われている樹上性の小型コオロギ。オスも発音器を欠くので鳴かない。とはいえ、この手のだんまり直翅というのは脚や体を物に打ち付けるなどして、大抵鳴けないなりに発音努力をするものと相場が決まっている。
こいつも何かそういうことをやるのではないかと思っているのだが、まだ確認できていない。関東一円の市街地に相当普通にいる種なのだから、誰かが観察しているに違いないはずだが、ネット上で調べてもこいつの求愛行動に関して詳しい記述は見あたらない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2526-fefd0359

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する