地下性生物、洞から出すか?沢から出すか?

3123.jpgホラアナミジンニナBythinella nipponica。九州にて。

西日本の各地から局所的に知られている巻貝で、恐ろしく小さい。アンパンの上のケシの実二つ分くらいのサイズしかない。かつて、洞窟から流れ出る細流から見つかったため、洞窟生物と見なされていたらしい。実際には洞窟に限らず、山間部の薄暗い細流の周辺で石にくっついていることが多いという。
とはいえ、俺はこれを洞窟の深部で多数見た。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2574-df97dc5a

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する