FC2ブログ

3238.jpgサバクオニガラコオロギAcanthoproctus sp.。ケニアにて。

アフリカの乾燥地帯に生息する、全身トゲだらけのすさまじい直翅。何種かいて、みな刺々しい姿をしている。虫マニアの聖書「珍虫と奇虫」によれば、ゴム草履で踏むと靴底に刺さるほどだという。ゴム草履がなかったので踏まなかった。外見とはうらはらに、意外と性格は温厚なほう。

この生物は、最近では別の和名があるらしいのだが、俺は根っからの「珍虫と奇虫」原理主義なので、これの中で使われている呼び名以外は使わない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2645-9f7d2504

(トリ)ケラトプスコオロギと呼んでいいですか(^^)
けそみん|2017.12.16/19:52
いかにも恐竜じみてますよね。ただ、サイズはどの個体も日本のクツワムシ程度でした。
-|2017.12.17/17:55

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する