FC2ブログ

3249.jpg今回訪れたケニア最後の目的地、タイタヒルズの近くの山にある宿。部屋のベランダに出ると、正面に巨大な岩山がある。
ここは山間部はしょっちゅう霧がかかる雲霧林になっているが、麓はカラカラに乾燥したサバナになっている。

辺鄙な立地にありながら、ホテルは非常に近代的で快適だった。レストランの飯も旨く、言うことなかった。目玉焼き程度の簡素な夕飯を頼んだのに2時間経っても出てこず、コックに文句を言いに行くと明らかに料理の匂いすら漂っていない厨房から「いま作っている。もうすぐ出来る」と返され、さらにブツが出てくるのがその1時間半後になるのにさえ目をつぶれば。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2657-f7c785a3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する