IMG_5590.jpg
ホシミスジNeptis pryeri幼虫。植栽されたユキヤナギで見られる、典型的な人里の蝶のひとつ。若齢幼虫で越冬し、春のユキヤナギの芽吹きとともに急速に成長する。茶褐色の体はごつごつしており、しかも大抵体を微妙にひねった状態で枝に定位している。枯れたユキヤナギの葉にそっくりで、見つけがたい。

IMG_5598.jpg
遠目に見ると、生き物が居る感じがしない。野外で継続観察していても、やがて所在が分からなくなってしまうことが多い。

IMG_5600.jpg
冬に使っていた越冬巣の傍で。越冬後も令が若い内は越冬巣の周辺から離れない。

この蝶の幼虫が凄いのは、全身茶褐色なのではなく、一部緑の箇所があること(老齢幼虫で顕著)。ユキヤナギの茂みの中という、背景が常に緑の場所で全身茶褐色でいるよりは、この方が擬装効果が高まるのだろう。
長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/269-8ec5f86b

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する