FC2ブログ

3350.jpgトギレ(フユ)エダシャク Protalcis concinnata。茨城にて。

冬尺の一種で、一番最後に出現する部類。早春にのみ成虫が発生する。冬尺の仲間はメスの翅が退化することで知られるが、これのメスは退化の度合いが一番低く、頑張れば飛べそうな見た目をしている。まるで切手みたいなギザギザの、可愛い翅を持っているのだ。
このメスはどうしても一度現物を見たいと思っているのだが、なぜか全く発見できない。信州にいた時から、モノ自体はすぐ傍に生息していたのに、どういう訳かメスだけは発見できなかった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2740-e47233cb

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する