FC2ブログ

どどん波

3368.jpgツクネグモPhoroncidia pilula。茨城にて。

樹皮の間に、たった一本の糸を張ってこれを網と言い張る怠惰なクモ。しかし、ちゃんと獲物がかかるのだから大した物だ。糸には粘液の球が並んでいて、これを脚で押さえている。まるで、足先からビームを放っているよう。

珍しくはないが、ゴマ粒ほどもない微小種ゆえ発見は面倒。名前のツクネは焼き鳥のアレではなく、ツクネ芋から来ているらしい。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2760-8a0e2b69

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する