FC2ブログ

3397.jpg
アカボシゴマダラHestina assimilis。茨城にて。

終令だろうか。エノキの若葉に似せた風貌をしており、その隠蔽能力の高さには恐れ入る。もともと国内では南の島にしかいなかったが、どこぞの阿呆が大陸産の亜種を勝手に本州へ放逐した。現在、関東一円においてすさまじい勢いで分布を拡大している。
つい最近、大陸産亜種は特定外来生物に指定されたため、その辺で見つけても生け捕りにできなくなった(罰則あり)。しかし、一般市民にそのことが周知されているとは到底思えず、これから夏の昆虫採集シーズンにかけて色々トラブルが起きると予想される。何せ、いま東京の街中などでは一番普通に見られるチョウの一つになってしまっているのだ。

虫そのものは、本当に綺麗なのだが。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2787-d0deb193

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する