FC2ブログ

3509.jpgベダリアテントウRodolia cardinalisの幼虫。兵庫にて。

3508.jpgイセリアカイガラムシが湧きに湧きまくったナンテンの枝葉を見ながら、「どっかにおるんじゃねーか?」と思っていたら、やっと見つけた。ぱっと見、イセリアの若齢個体と似ているため、いることに気づかなかった。

オーストラリアから侵入して農作物に大害をなしたイセリアを鎮圧すべく、同じくオーストラリアから連れてこられて放たれた天敵。日本には明治時代に導入されたようだが、今やほぼ生物農薬として全世界にバラ撒かれているという。害をなす外来種を減らすために外来種の天敵を持ち込み、それでいて在来生態系を乱すことなしに鎮圧に成功した、数少ない事例の一つ。
そんなわけで、世界的に見ても非常に広域な分布を示すコスモポリタンであるところのベダリアだが、俺は30年以上も虫ばかり探し続けてきた人生で、まだたった2回しかこれを見たことがない。イセリアに強く依存した生物なので、イセリアが生息しないエリアでは見かけることがないのだ。俺は今までイセリアがほとんど生息しないエリアばかり点々と移住してきたため、べダリアには全く馴染みがない。ものすごく希少価値が高い。

3510.jpg頭をイセリアの下側に突っ込んで裏返すようにし、その腹側を食い破って殺す。容赦なくイセリアを粛正していく。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2887-b2f4f34c

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する