FC2ブログ

3539.jpgヒラアシクサアリLasius spathepus。兵庫にて。

旧名クサアリモドキ。西日本の雑木林にいるクサアリは大抵こいつ。女王の脚の節は板のように幅広く平たい。ワーカーのそれも他種のクサアリ類に比べれば平たいらしいのだが、俺にはよく分からない。

クサアリ類は正体が判明している種だけで日本に5種おり、(特にワーカーは)どれも外見が似たり寄ったりなので、ぱっと見の区別が至難だ。しかし、きちんとディフューズしたストロボを照射して生体を撮影すると、ヒラアシ・モリシタ・フシボソは頭部に細毛がほとんどないため、頭部はほぼ完全に黒光りする。他方、テラニシ・(いわゆる)クロクサは、頭部全体に白い細毛がビロード状に覆っている関係で、頭部が白っぽく艶消しじみて写る。これにより、ある程度野外で種の見当が付けられる。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2918-30b215b6

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する