FC2ブログ

3558.jpg
ヒメエグリバが最初に止まっていた所。ヤラセも何もなしの、見つけたままのさま。

枯葉や枯れ枝に似せているとしか思えない外見のガは、世の中に数多いる。しかし、それらのほとんど全てが、自身の止まる場所の背景や色彩に関して恐ろしく無頓着である。
もちろん、こうして単独で何もない所にたたずんでいるだけで、捕食者はこいつらを単なる枯葉の切れっ端と判断し、襲わないのかもしれない。それでも、俺はこの手のガを擬態の例として挙げるのに、ものすごい抵抗感がある。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/2943-6e7b5b84

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する