FC2ブログ

3630.jpgハサミコムシ一種。茨城にて。

2cm近い大型の個体。この虫の、上半身のひ弱さと下半身の凶悪さのギャップは、なかなかのもの。ナガコムシ類と違い、ハサミコムシ類で地下浅層での生活に適応したものは、少なくとも日本にはいない模様である。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/3018-0ec19afc

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2018.12.16/22:04
「地下浅層」というのは、地表より深い所の層(おおむね地下数十cm~2m位あたり)という意味で研究者が使う言葉です。すなわち、そちらのおっしゃる通り地表近いところでしか見かけない、という意味です。洞窟と呼ばれるほど深い地下に特化したこの仲間がいないのです。
-|2018.12.17/09:39
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2018.12.17/11:13
こちらこそ、その節は本当にお世話になりました。誠にありがとうございました。
-|2018.12.17/11:26
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2018.12.18/20:11
ありがとうございます。私も最初サイズからオオかと思ったのですが、ちょっと自信がなかったところでした。まだ分類途上の仲間なんですね。
-|2018.12.19/17:52

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する