夏の守護竜

IMG_2101.jpgサンコウチョウTerpsiphone atrocaudata。夏鳥の一種。天の神は、よくこんなバカみたいな色と形の生物を作ったものだと思う。雄は長い尾を持つが、これは日本に渡ってきた後で急に生えるらしい。渡りのときは少しでも体を軽くせねばならないから。

IMG_1955.jpg
複雑かつ奇怪な声でさえずるので有名。見た目とは裏腹に動きは恐ろしく素早く、機動性に富む。空中を飛ぶ昆虫を捕獲するため、ホバリング、急旋回、宙返り、何でもやる。森の虫たちにとっては、回避しがたい強敵。

長い尾をはためかせて枝から枝へ飛び移り、虫を片っ端から粛清していくこの鳥を見ていると、遠い昔昆虫を追って空へ飛び出そうとした(らしい)始祖鳥になんとなくイメージがかぶる。

長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/304-e977e888

緑陰居士
「ツキィ、ヒィ、ホシ、ホイホイホイ~」♪
なんて囀るのですか!楽しい小竜ですね、
始祖鳥の長い尾はディスプレイだ、説もありますが、
「サンコウチョウ」は空気力学的な機能に関する?
粋な燕尾服を着込んでるのにボサボサ頭が高等遊民風・・
瓜豆|2012.07.19/15:37
れっきとした静岡県の県鳥だというのに、日本的な雰囲気が全くないので不思議な鳥です。あれだけ長いしっぽも、生息環境である鬱蒼としたスギ林では見事に周囲の景色にとけ込んでしまい、声無しで見つけるのは大変です。
richoo|2012.07.19/17:52

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する